Design | Direction

さまざまな宣伝・広告活動/ブランディングを、企画からデザイン/制作までお手伝いします。


現代の私たちの日常生活において回りを見渡すと、どこを見ても人工の物、「誰かによってデザインされたモノ」であふれています。
では、これから広めていきたい商品やサービスがあった時に、それらのモノ達に埋もれてしまうことなくできるだけ多くの人に認識してもらい、手にとってもらうには、どうすれば良いでしょう?

絶対的な正解の無いお話ですが、場当たり的に売り込むのではなく、客観的な目線を入れながら戦略を立てて、しっかりとしたビジョンに基づいて計画的に広めていくというのは、多くの方の興味・信頼を勝ち取っていくために大切なことだと思います。

私たちは、売り手が「みんなに知ってもらいたい情報」を理解した後に、「では買い手はどういったことを知りたいだろう?」「まだ気付いていない大事なポイントが無いだろうか?」といったことをまずは「第三者の目線」で考えます。
これこそが、正に第三者である自分たちがその「商品のプロデュース」に関わる意味だと考えており、ファーストインプレッションで感じた「きらめき」を美しく大きくふくらませていくことが、より良い結果につながっていくのだと信じています。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。