ノベアオ|宮崎県延岡市のプリントショップ延岡青写真センター

ジブンの手でモノをつくるよろこび。
頭の中のイメージが、リアルなカタチになった時の快感。
そんな、あなたの「クリエイティブなあそびゴコロ」をサポートしたい。

プリント/スキャン/デザイン/Web|日常生活に彩りを。|ノベアオドットコム

日常に彩りを。私たちは、プリント/複写加工/デザインのプロフェッショナルです。


株式会社延岡青写真センターは、宮崎県延岡市の企業です。
プリントサービスや各種デザイン、データ調製業務などを中心として、ホームページの制作・運営、コピーやスキャニング・製本といった複写加工業務など、みなさまの広告活動のお手伝いや、オフィスワークのサポートなどを行います。 (※企業の詳細はコチラのページをご確認ください)

アパレル製品へのプリントデザイン、プリントウェアの加工・販売なども行っています。

ノベアオ入口


 そもそも、「青写真」ってどんなものか知っていますか?


社名を言うとカメラで撮影する写真屋さんとよく勘違いされますが、青写真は複写(コピー)技術のひとつで、光に反応するよう処理された紙(感光紙)を感光させて(光で焼き付けて)設計図などを複製します。
青写真の文字どおりに感光後は青くなるのが特徴で、昔の設計図などで、全体が青みがかったものを見たことがあれば、それこそが「青写真」です。
私たちの業界は、その「青写真」をつくることを中心とした複写加工業として誕生しました。

安価な大判図面の複製技術として、一昔前はとても多くの需要があったこの「青写真」ですが、近年急激な勢いで世の中のデジタル化が進んで、設計図は「紙」から「データ」に置き換わっていくこととなり、紙図面の需要減少に合わせてすっかり過去の技術となってしまいました。
今では、メーカーが機械や材料の生産をやめてしまい、青写真は世間からその姿を消すこととなりました。

古くさい名前だけど、見つめているのは未来。


そうして、実際のモノとしての「青写真」を知る人はどんどん減っていますが、「青写真を描く」など言葉の表現としての「青写真」は、「設計図」「未来予想図」の意味で、今でもしばしば使われます。
そのうちに言葉としても消えてしまうのかもしれませんし、とても狭い業種のノスタルジーでしかないのかもしれませんが、「一つの時代の技術・文化を残す言葉として大事にしていきたい」との想いで、当社は「株式会社延岡青写真センター」と社名に「青写真」を残したまま頑張っております。

古くさい響きかもしれませんが、青写真という言葉の持つ「未来予想図」の意味どおりに、私たちが見つめるのは未来です。
長らく「情報の橋渡し役」を担ってきた経験・ノウハウと、様々なプリント・データ加工の技術を活かして、みなさまのクリエイティブな感性の具現化をお手伝いして参りたいと思っております。

 

Information

2018.02.20 ホームページを全面リニューアルしました。

ホームページの全面的なリニューアルを行い、基本的な部分の調整作業がほぼ完了いたしましたことをご報告させていただきます。 今後も、より見やすいサイトとなるよう適……

続きを読む

2018.02.18 ホームページをリニューアルしています。

現在、ホームページの全面リニューアルを行っています。 リニューアルの途中段階として、レイアウトの崩れ等のお見苦しい状態があるかもしれませんので、あらかじめ……

続きを読む

2018.02.01 ストリートビュー用360度パノラマ撮影を始めました。

Googleストリートビュー認定プログラムで、フォトグラファーとしての認定を受けました。(コチラのページの認定フォトグラファーリストに掲載されています。) ……

続きを読む